柏で葬儀を執り行う際の式場

subpage1

千葉県柏市で葬儀を執り行う場合ですが、その式場としては現在は自宅という選択肢はあまり見かけなくなってきており、どちらかといえば葬儀社が運営しているセレモニーホールか、または公営の斎場が選ばれるようになっています。

しっかりとした柏で葬儀が一般的になってきました。

柏市内ではそもそも葬儀が執り行えるほどの大きな邸宅をもつ昔ながらの家庭よりも、むしろ他の地域から首都圏のベッドタウンとしての団地に移住してきた家庭のほうが目立っており、こうした団地内の住宅には面積的な制約がありますので、より広いスペースをもつセレモニーホールなどに場所が移るのは当然といえます。柏市内のセレモニーホールはたいてい国道などの大きな道路に面しているためアクセスがしやすく、弔問客が迷わずに式場まで行き着くことができるという意味では最適です。また祭壇や弔問客用の椅子など準備も万端ですので、通夜から告別式までとどこおりなく行うことができます。
公設の斎場は火葬場に隣接しているため、葬儀の式場から火葬場への移動が最低限で済むというところがメリットですが、反対に柏市の市街地からはかなり離れた立地環境ですので、その点には注意をしたほうがよいといえます。


また公設斎場はあくまでも式場のスペースを貸し出すだけですので、当日の司会や受付を含めて、すべての段取りは自前で行わなければなりません。



もちろん葬儀社に依頼をすればいっさいの事務や手続きはしてもらうことができますが、セレモニーホールとの勝手の違いはあらかじめ認識しておくことが必要です。