Google Maps Platformのサービス

  • Google Maps Platformは新しい機能

    • GoogleMapsPlatformは、Googleが6月11日から新しく始めた機能アップさせたサービスです。

      大きく変わるのはAPIを3つに統合させたことと使用量に応じた料金体系に統一したことになります。


      新しいGoogleMapsPlatformは、APIをより単純化してユーザーによりわかりやすくしたことです。18種類に分かれていたものを3つに統合しました。

      GoogleMapsPlatformの珍しい情報をご紹介しています。

      今後は、(Maps、Routes、Places)に統一されるのです。

      これまではスタンダードプランとプレミアムプランの2種類の料金体系がありました。



      アップデート以降は、使用量に応じた利用料後払い方式の単一の料金プランになります。重要であるのは、新しい料金プランにおいては、毎月200ドル分は無料で使用ができるという事です。よく考えてみると毎月200ドル分貰っていると考えればわかりやすくなります。200ドルを超えた分だけ支払えばいいのです。

      多くの利用者はこの枠内でおさまり、Platformプランには設定が必要で設定後利用が可能になります。
      また新規サイトでGoogleMapsを使用する場合は「APIキーが必須」になることで従来のシステムと違うということを理解して使用することが必要です。



      プロジェクトキーを紐付けていないとGoogleMapsが表示されなくなるので注意が必要になります。

      APIキーと請求先アカウントとプロジェクト(APIキー)を紐づける必要があるということになるのです。