Google Maps Platformのサービス

  • 新しくなったGoogle Maps Platform

    • 目的地までの距離などを調べたりできる、グーグルマップは、新しくGoogleMapsPlatformになりました。

      GoogleMapsPlatformの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

      これまでのグーグルマップとは使い方などが大きく変わりました。



      新しいGoogleMapsPlatformはこれまでのGoogleMapsAPIと比べて単純になり、ユーザーにとって分かりやすくなっています。

      以前のGoogleMapsAPIは18種類という数に分かれていましたが、3種類になりました。

      しかし、今まで使っていたコードを変更する必要はなく、そのまま使うことでも動きます。
      以前は一定の使用量までは無料のスタンダードプランと、従量制のプレミアムプランというものがありましたが、新しくなると従量制のプランだけになります。
      この事により年間使用量や前払手数料、解約手数料などの必要がなくなり使用量の制限もなくなります。


      アップデート以降は使った分だけ料金を払う必要があります。

      しかし、極端に1回の読み込みだけで料金が発生する訳ではなく、毎月200ドル(日本円で約22208円)までは無料で使用することができます。

      ほとんどはこの料金を超えることはないです。また、使用するためにAPIキーと呼ばれるものが必須になります。
      以前まではAPIキーが無くても問題なく使用できましたが、アップデート以降APIキーが無いとエラーが発生したり、低解像度のマップが出たりします。ですが、グーグルマップのサイトから埋め込んでいる地図は変更がありません。



      以上のことから、GooglMapsPlatformは料金体制が変わりますが、読み込み数がそれほど多くない場合などは、無料で使うことができます。

      他にもAPIキーの取得が必須となったりします。


      しかし、サイト上では変更点が無いので、以前のように使用することが出来ます。