Google Maps Platformのサービス

  • GoogleMapsPlatform利用の注意点

    • GoogleMapsAPIの名称が、2018年6月11日からGoogleMapsPlatformに代わり、それに伴いAPIのライセンス体系が変更になりました。

      GoogleMapsPlatformについての知識を高めてもらうためのサイトです。

      まず一番の違いは、これまでAPIを利用する場合、APIキーが無くても地図が表示できていました。これがAPIキーが無いと地図表示が行えなくなったのです。

      APIは有償サービスですが、月間200ドル分の利用までは無償で提供されています。


      変更前までは有償サービスはStandardとPremiumという2つのプランがありましたが、一本化されることになりました。

      GoogleCloudPlatformConsoleから現在の利用状況や課金が開始する前に機能を制限するための設定を行うことができます。
      次にライセンス体系の違いです。


      これまで18種類に分かれていたAPIをMaps、Routes、Placesの三つのプロダクトに集約されました。Mapsはルートやマーカーが表示されない地図を表示する機能などがあります。


      Routesは複数地点間のルートと所要時間などを検索し、表示させます。

      Placesは地図上の地点の説明などを表示する機能です。

      それぞれの機能に無償となる目安の表示回数が提示されています。



      尚、APIを利用せずにiframeからGoogleMapを呼び出している場合はGoogleMapsPlatformの登録をしなくても地図を表示させ続けることができます。