Google Maps Platformのサービス

Google Maps Platformについて

GoogleMapsPlatformとはGoogleMapsAPIのサービスを大きく進歩させたサービスのことです。

今までのものとは異なる点がいくつかあるので注意しましょう。まずは従来のものよりも簡単なり、ユーザーにとってはより理解しやすい仕組みになりました。GoogleMapsPlatformはMaps、Routes、Placesという3種類になったので、これまでの18種類とは違い分かりやすくなっています。
既に存在しているコードを変える手間はなくそのまま使うことができるので簡単です。
また、使用した量に応じた料金プランになりました。自分が使った分だけ払うというシステムなので分かりやすいです。

従来のものとは異なり毎月200ドルまでは無料で使うことができるので、覚えておくことが大切になります。

前払手数料や年間利用料、解約手数料は必要がなくなり、使用料の制限もなくなるのも特長です。
GoogleMapsPlatformへアップロードするにあたって、スタンダードプランのプロジェクトを保有してる場合には設定を変更する必要があります。

知って大満足のGoogleMapsPlatform関連情報を解説します。

月額無料枠の範囲内で使うときでも支払い情報の登録は必須になりますので確認が必要です。



確認方法は、まずTransitionToolにアクセスします。



今ツールが保有しているプロジェクトややらなければならない手続きが書いてあるので、記載されている通りに手続きを行いましょう。


プレミアムプランの場合には変更しなくて大丈夫です。


  • 初心者向きGoogleMapsPlatform

    • GoogleMapsAPIの名称が、2018年6月11日からGoogleMapsPlatformに代わり、それに伴いAPIのライセンス体系が変更になりました。まず一番の違いは、これまでAPIを利用する場合、APIキーが無くても地図が表示できていました。...

      detail
  • GoogleMapsPlatformの注目情報

    • GoogleMapsPlatformは、Googleが6月11日から新しく始めた機能アップさせたサービスです。大きく変わるのはAPIを3つに統合させたことと使用量に応じた料金体系に統一したことになります。...

      detail
  • 人に言いたいGoogleMapsPlatform

    • 目的地までの距離などを調べたりできる、グーグルマップは、新しくGoogleMapsPlatformになりました。これまでのグーグルマップとは使い方などが大きく変わりました。...

      detail
  • GoogleMapsPlatformが気になる方

    • 2018年5月からサービスを開始したGoogleMapsPlatform、APIを使うことでより便利な地図サービスを提供してくれるなどの特徴を持ちます。GoogleMapsPlatform以前からAPIの提供はありましたが、GoogleMapsPlatformに変わったことで無償ユーザーと有償ユーザーではそれぞれ内容そのものが変更になっています。...

      detail